プラント・エンジニアリングPlant Engineering
  1. HOME
  2. 事業・製品
  3. プラント・エンジニアリング

プラントメーカーとして、
国内外から高い信頼と評価。

大陽日酸は、産業ガスメーカーとしてだけでなく、
プラント製作においても世界トップレベルの技術を有し、
産業界に貢献しています。

大陽日酸のプラント・エンジニアリング事業

大型空気分離装置空気分離装置は、空気を圧縮、冷却液化し、蒸留により酸素・窒素・アルゴンに分離する装置です。1935年、大陽日酸は、わが国初の空気分離装置の国産化に成功しました。豊富な経験と高度な技術力を活かし、最大クラスの大型空気分離装置をはじめ、半導体産業向けの小型装置まで国内外に多数の実績を持ち、お客様から高い信頼を得ています。

最先端領域の機器・装置を提供

大型スペース・シミュレーション・チェンバー(提供:宇宙航空研究開発機構)極低温・高真空な宇宙環境を地上で再現し、人工衛星などの実験装置として利用される宇宙環境試験装置(スペース・シミュレーション・チェンバー)。大陽日酸は、国内最大規模のものから部品開発試験向けの超小型まで、多種多様な実績を誇り、宇宙開発に貢献しています。
また、高エネルギー物理学やリニアモーターカーなどの分野では、高い磁場が得られる超電導マグネットが利用されます。この超電導状態を保つために、マイナス269℃という極めて温度の低い液体ヘリウムが使われており、大陽日酸は、極低温分野の豊富な経験と高い技術力を生かし、ヘリウム液化機やヘリウムコンテナなどを設計・製作しています。

品質マネジメントシステム

品質マネジメントシステム

大陽日酸エンジニアリング本部は品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO9001」の認証を取得しています。

登録範囲

空気分離装置、ガス分離装置、宇宙低温機器、供給設備及び、これらの関連設備の設計・製造並びにエンジニアリング

登録証