CSR情報CSR
  1. HOME
  2. CSR情報
  3. 環境活動-環境データ

環境データ

事業活動に伴う環境負荷を定量的に把握し、さまざまな取り組みを通じて地球環境への貢献に努めています。

温室効果ガス・エネルギー

GHG排出量(Scop1+Scope2)
GHG排出量の画像

集計範囲:当社、国内の直接の連結子会社及び海外の主要な連結子会社

エネルギー使用量
エネルギー使用量の画像

集計範囲:当社、国内の直接の連結子会社及び海外の主要な連結子会社

電力使用量
電力使用量の画像

集計範囲:当社、国内の直接の連結子会社及び海外の主要な連結子会社

事業所における電力使用量
事業所における電力使用量の画像

集計範囲:当社全事業所(ガス生産工場を除く)

タンクローリーの燃料使用量と
輸送製品量あたりの燃料使用量指数
タンクローリーの燃料使用量と輸送製品量あたりの燃料使用量指数の画像

集計範囲:グループ内の物流会社及び主な運送委託先

  • ※グループ内の国内の物流会社:九州液送(株)、幸栄運輸(株)、大陽液送(株)、日酸運輸(株)
  • ※主な運送委託先:アート梱包運輸(株)、(有)エス・イー・イー物流、(株)エキソー、江藤運輸(株)、大川運輸(株)、金川産業(株)、(株)寿運送、(株)辰巳商會、(株)千葉エキソー、東海運輸建設(株)、東進産業(株)、成瀬酸素運輸(株)、西日本マルエス(株)、日鉄物流八幡(株)、(株)ニヤクコーポレーション、(株)丸三運輸
  • ※1990年度の燃料使用量は旧日本酸素(株)のみ

SF6ガス回収サービス事業(大陽日酸東関東(株))

大陽日酸東関東(株)は、自社開発技術により温室効果ガスである六フッ化硫黄(以後、SF6)のガス回収と再利用・無害化再生処理を一貫して行う、SF6ガス回収サービス事業を全国展開してきました。自社技術を駆使してゼロエミッション化を図り、地球環境保全と循環型社会の構築に貢献しています。
(2004年度オゾン層保護・地球温暖化防止大賞/審査委員会特別賞受賞)

SF6回収装置の画像

SF6回収装置

SF6ガス累積回収量とCO2換算回収量
SF6ガス累積回収量とCO2換算回収量の画像

大陽日酸東関東(株)ホームページ
http://www.tnhk.co.jp/

廃棄物

産業廃棄物総排出量
産業廃棄物総排出量

集計範囲:当社、国内の直接の連結子会社

取水量
取水量

※集計範囲:当社及び国内の連結子会社のガス生産工場、並びに海外の主要な連結子会社

PRTR対象物質

2019年3月期PRTR対象物質の排出量・移動量

(kg)

化学物質名称 排出量 移動量 化学物質名称 排出量 移動量
エチレンオキシド(酸化エチレン) 33 0 ジクロロメタン(塩化メチレン) 4,750 2,000
ニッケル化合物 0 92 セレン及びその化合物 0 67
砒素及びその無機化合物 0 199 トリクロロフルオロメタン(CFC-11) 464 0
エチルベンゼン 1,059 150 トルエン 807 21
塩化第二鉄 0 462 ニッケル 1 9
キシレン 2,883 21 1-ブロモプロパン 6,242 0
クロム及び3価クロム化合物 5 77 ノルマルーヘキサン 0 156
クロロジフルオロメタン(HCFC-22) 2,847 490 ほう素及びその化合物 0 99
クロロホルム 0 101 マンガン及びその化合物 6 51
1,3-ジオキソラン 242 0 メチルナフタレン 4 0
ジクロロペンタフルオロプロパン(HCFC-225) 10,120 0 合 計 29,463 3,995
PRTR対象物質の排出量・移動量
PRTR対象物質の排出量・移動量の画像

集計範囲:当社、国内の直接の連結子会社

環境会計

環境保全コスト

(単位:百万円)

分類 主な取組内容 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期
投資額 費用 投資額 費用 投資額 費用
公害防止コスト 除害装置設置・維持、浄化槽維持、ローリー購入 118 130 119 137 104 144
地球環境保全コスト 省エネ型装置導入、低公害車導入・維持 5,133 125 11,527 171 9,516 116
資源循環コスト 廃棄物処理・リサイクル 0 54 0 53 0 57
上・下流コスト グリーン購入 0 25 0 23 0 23
管理活動コスト 環境マネジメントシステム運用費 0 74 0 75 0 75
研究開発コスト 環境保全に資する製品等の研究開発 72 395 94 270 35 424
社会活動コスト 自然保護・美化・景観等の改善、事業所周辺清掃 0 4 0 3 0 4
環境損傷コスト   0 0 0 0 0 0
  合計 5,323 807 11,740 732 9,655 844
環境保全対策に伴う経済効果

(単位:百万円)

  効果の内容 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期
収益 主たる事業活動で生じた廃棄物のリサイクルによる事業収入 11 12 12
費用削減 省エネルギーによるエネルギー費の節減 3 1,363 4
  合計 14 1,375 15

集計範囲:当社及び国内の連結子会社4社(ジャパンファインプロダクツ(株)、大陽日酸エンジニアリング(株)、日酸運輸(株)、サーモス(株))

集計範囲

当社が運営管理するガス生産会社

秋田液酸工業(株)、(株)いわきサンソセンター、(株)大分サンソセンター、(株)亀山ガスセンター、北日本酸素(株)、九州冷熱(株)、極陽セミコンダクターズ(株)、(株)堺ガスセンター、(株)JFEサンソセンター、四国液酸(株)、周南酸素(株)、新相模酸素(株)、(有)新南陽サンソ、新洋酸素(株)、(株)仙台サンソセンター、(株)大平洋ガスセンター、大陽日酸東関東(株)、大陽日酸北海道(株)、(株)千葉サンソセンター、(株)鶴崎サンソセンター、(株)ティーエムエアー、(株)名古屋サンソセンター、函館酸素(株)、富士酸素(株)、(株)八幡サンソセンター

グループ内の物流会社

九州液送(株)、幸栄運輸(株)、大陽液送(株)、日酸運輸(株)

主な運送委託先

アート梱包運輸(株)、(有)エス・イー・イー物流、(株)エキソー、江藤運輸(株)、大川運輸(株)、金川産業(株)、幸栄運輸(株)、(株)寿運送、(株)辰巳商會、(株)千葉エキソー、東海運輸建設(株)、東進産業(株)、成瀬酸素運輸(株)、西日本マルエス(株)、日鉄物流八幡(株)、(株)ニヤクコーポレーション、(株)丸三運輸

海外の主要な連結子会社

Matheson Tri-Gas, Inc.、Leeden National Oxygen Ltd.、Ingaso, Inc.、Taiyo Nippon Sanso Philippines, Inc.、Taiyo Nippon Sanso Clark, Inc.、Air Products Industry Co,. Ltd、Taiyo Gases Co., Ltd.、Vietnam Japan Gas Joint Stock Company、Taiyo Nippon Sanso India Pte. Ltd.、上海大陽日酸気体有限公司、蘇州大陽日酸気体有限公司、大連長興島大陽日酸気体有限公司、大連大陽日酸気体有限公司、揚州大陽日酸半導体気体有限公司、台湾大陽日酸股份有限公司、大陽日酸系統科技股份有限公司、福陽氣體股份有限公司、Supagas Pty Ltd