メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グローバル展開

進展を続ける海外ガスビジネスネットワーク
大陽日酸は、アジア発のメジャーに向けて、更なる事業の拡大を加速させます。

大陽日酸は、1980年、米国におけるJapan Oxygen, Inc.の設立を皮切りに、82年にはシンガポールにNational Oxygen Pte. Ltd.を設立し、米国とアジアで海外展開を開始しました。

米国では、1983年に特殊ガスメーカーとして知られるMatheson Gas Products, Inc.を、92年に産業用ガスメーカーのTri-Gas, Inc.を傘下におさめ、1999年の両社の合併によって北米で当社のキーとなるビジネスを展開するMatheson Tri-Gas, Inc.(以下、マチソン・トライガス社)が発足しました。

アジアではマレーシア、タイ、中国、フィリピン、韓国、台湾、ベトナム、インド、インドネシア、ミャンマーなどへ進出を図り、2014年にはシンガポールに、2015年には中国に地域統括会社を設立し、域内のガバナンスを強化するとともに更なる地理的拡大を進めています。

また、2015年にはM&Aによってオーストラリアの産業ガス市場に進出しており、現在19の国と地域でガスビジネスを展開しています。

海外の関係会社一覧はこちらでご覧ください。

米国

Air Liquideからの事業買収により、ナショナルサプライヤーの地位を構築

北米では、マチソン・トライガス社を通じて、事業規模、商圏の拡大を加速させています。

2014年に、米国大手炭酸ガスメーカーであるContinental Carbonic Products, Inc.を買収しました。2016年にはAir Liquideから米国における一部事業並びに資産を買収し、産業ガスネットワークの中西部における強化と東部への進出を果たし、ナショナルサプライヤーの地位を構築しました。米国内でのプレゼンス向上に伴い、ルイジアナ州やテキサス州で大型オンサイト案件の獲得実績を積み重ねております。今後も総合ガスメーカーの地位を強化し、米国内での更なる事業拡大および収益力強化を図ります。

マチソン・トライガス アービング工場

中国・台湾・韓国

目覚ましい市場拡大が期待できるエレクトロニクス関連に注力

中国では、1993年の大連大陽日酸気体有限公司を最初に、産業ガスの製造や特殊ガス、ヘリウムの供給会社を設立し、中国の産業ガス、エレクトロニクス関連需要に対応してきました。

台湾では、台湾大陽日酸股份有限公司が特殊ガス分野で第2位のシェアを持つほか、窒素の製造供給、除害装置、精製装置などトータルな対応により、事業を拡大させています。

韓国ではMatheson Gas Product Korea Co.,Ltd.で特殊ガスを製造しており、SKC Airgas Inc.で酸素、窒素の製造を行っています。

近年、半導体やディスプレイを中心としたお客さまの拠点が中国をはじめとする東アジア地域に集積し、特に中国において積極投資が行われています。これに対応するため、中国・上海に「Total Electronics」のコンセプトのもと、グループ統一戦略推進機能を設置しました。

揚州大陽日酸半導体気体有限公司

その他アジア

未進出地域へ事業を拡大

その他アジアでは、フィリピン、ベトナム、マレーシア、インドネシアなどで製造プラントの増強を進めています。

2016年にはヤンゴン近郊のティラワ工業団地内に事業会社を設立し、ミャンマーに進出しました。

オーストラリア

グローバルでの事業地域を拡大すべく、2015年にオーストラリアの産業ガス市場へ参入しました。

各事業ごとの海外展開については、下記よりご覧ください。