産業ガス/バリ取り装置 「SUPER SHOT」

バリ取り装置とは

ゴム、ダイキャスト等の成型品製造時に必ず発生する「バリ」を機械的に自動処理する装置です。

タンブラー式

バレル(樽)内に対象物を入れ、バレルを回転することにより製品のぶつかり合いを利用してバリを取ります。精密仕上げ、内バリがあるものに適しています。

ショット式

ショット材を対象物に投射してバリを取ります。単純な形状の物に適しています。対象物サイズは大き目も可能です。

メッシュベルトの採用

  • 金属付き重量製品も可能
  • 製品の取り出しが容易

加工前

加工後

重量物・全体図

小さな製品仕上げ

加工前

加工後

最低温度-150°C可能

ガスの消費量が少なく、ランニングコストの軽減になります。

仕組み

製品の投入

ガスの注入

製品の取り出し

仕様

装置外寸 1,400W×1,200×2,250H
重 量 800kg
処理量 20L/バッチ
処理形式 メッシュベルト式
インペラー回転数 4,000〜6,000rpm
電 源 AC200/220V 30A
ショットメディア ポリカーボネートφ0.5mm、φ0.8mm
価 格 プラスチックメディア用:¥8,500,000