産業ガス/酸素O2

酸素の物理的性質

酸素は無色・無味・無臭のガスで、空気の約21%(容積比)を占めています。化学的にはきわめて活性が高く、他のものを酸化する(つまり、燃やす)力が強く、多くの元素と化合します。また、呼吸により生物の生命維持に不可欠な役割を果たしています。工業的には、空気を冷却することにより窒素、アルゴンなどとともに分離・精製して製造されます。

酸素の物性

化学式 O2
分子量 32.00
ガス密度 1.429kg/m3(0°C、1atm)
液密度 1.141kg/l(沸点)
比 重 1.11(空気=1)
沸 点 90.2K(1atm)
融 点 54.4K(1atm)
臨界温度 154.6K
臨界圧力 50.1atm、5.05MPa
蒸発潜熱 50.9cal/g、213kJ/kg(沸点)

酸素の用途

燃やしたり酸化させる性質を利用して、鉄鋼業などで炉の吹き込みなどに使われるほか、鋼材の溶接・切断に、化学分野での酸化反応工程などに使用されます。また、医療分野での酸素吸入、環境対策のための排水処理、ロケットの推進剤など、広範な分野で使われています。

酸素-燃料バーナー

ガス切断機

キュポラ酸素富化

酸素を利用した機器

  • 溶接・溶断機器
  • 合成空気供給システム
  • キュポラ酸素富化システム
  • 高気圧酸素治療装置
  • 酸素-燃料バーナー
  • パルプ漂白システム