産業ガス/バイオガス関連機器

生ゴミ、下水汚泥や家畜糞尿等を発酵させることで生じるバイオガス(消化ガス)は、燃料であるメタンガス(CH4)を含んでおり、石油等の化石燃料でないため炭酸ガス(CO2)削減・地球温暖化防止に貢献し、廃棄物の有効利用・再資源化ができます。

PSA式バイオガス精製装置

バイオガスには、メタンガスが約60%、炭酸ガスが約40%含まれています。

PSA式バイオガス精製装置は、このバイオガスから活性炭の吸着速度の違いを利用し、炭酸ガスを吸着除去することで、メタンガスを98%以上に精製し、都市ガスの代替燃料や自動車燃料に利用することを可能にします。

また、炭酸ガスを分離・除去する事で高圧圧縮が可能になり、バイオガスを遠隔地に輸送し、発生サイト外で利用することができ、バイオガスの利用範囲が広がります。

低コスト型バイオガス精製装置

真空再生型バイオガス精製装置

仕様

原料ガス量 原料ガス組成 精製ガス量 (m3/時間) 装置寸法
(Nm3/時間) (Nm3/時間) メタンガス濃度 90% メタンガス濃度 98% D × W × H (mm)
12 メタンガス 60%
+
炭酸ガス 40%
- 5 1000 × 3000 × 1900
60 36 32 2500 × 4000 × 2200
100 60 54 2800 × 4800 × 2250
180 100 97 3000 × 5200 × 2600
300 150 162 3000 × 5500 × 2600

特色

  • 真空排気脱離による再生方式を採用することでランニングコストを低減しました。
  • 低圧力の運転操作により、高い安全性や耐久性が確保できます。
  • 共通ベースにユニット化したことで、現地での工事が簡略化できます。

関連機器

  • バイオガス吸着貯留システム
  • シロキサン除去装置
  • 膜・吸収ハイブリット装置