Atsushi Yoshioka 吉岡 篤史

エンジニア部門

大陽日酸エンジニアリング株式会社 川崎機器製作所 機器エンジ課
2005年入社/工学研究科 応用化学専攻 修了

機器設計・製作担当者の枠を超え、顧客工場において、
ガス供給プラント建設工事の全工程に携わる

My Work

ガス供給機器の設計、製作を担う部署

私が所属する部署は、ガス供給にかかわる各種機器の設計、製作、工程管理を行っています。特に、ガスを高純度化するためのガス精製装置、ガスボンベを安全に扱うためのシリンダーキャビネットを中心に担当しています。
しかし、現在私は関西で建設中のエレクトロニクス関連工場の建設プロジェクトの一員として、顧客工場に機器担当者として常駐しています。ここでは、機器の設計、製作にとどまらず、ガスを顧客工場へ供給し、安全な形で大気に放出するまでの一連のプロセス設計、設計に基づく機器の搬入・設置業務監理、試運転、メンテナンスにまで仕事が広がっています。今は、機器の設計を終え、工場に機器が次々と搬入されてきているところです。そのため、搬入作業の段取りや立ち合い作業に追われる毎日を送っています。実は、搬入される機器のほとんどは図面上でしか見たことのないものばかりで、目の当たりにする機器の想像以上の大きさに驚くこともしばしばあります。

Chellenging

多様な機器が組み合わさりプラントの形を成す様に感動

私が工場に常駐するようになってからの1年は、初めての経験ばかりで、おおいに刺激を受ける日々を過ごしています。見たこともない重機が工場内を走り回り、聞いたこともない言葉が飛び交う様に戸惑ったり、機器の設置場所に図面にはなかった配管や突起物があり、その対応に慌てたり……。そのたびに協力会社や顧客担当者と打ち合わせを繰り返すのですが、その会話にも専門的な内容が含まれているため、ついていくのが大変でした。この仕事は、機器の検査業務から仕事を覚え始め、設計、製作業務を経験した後に現場への設置、試運転と順を追って学んでいくのが手順なのでしょうが、私はいきなりシステム全体の設計を担当した後、現場へ出ることになったため、知っているべき知識が身についていない状態だったのです。
しかし、分からなければ聞くしかない。質問を繰り返し、ときには「そんなことも知らないのか」と怒鳴られながらも粘り強く業務にあたってきたことで、最近ようやく打ち合わせで意見を発言できるようになり、顧客や現場の人と対話ができるようになってきました。そして、この仕事の醍醐味を感じる余裕も出てきたように思います。機器ひとつを自ら設計し、製作するのも大きなやりがいを得られる仕事ですが、その機器が広大な工場の敷地に組み込まれ、巨大なプラントとして形を成していく様子を現場で見ることは感動すら覚えます。

Message

世界メジャーを目指して、組織強化に参加しませんか

当社の存在を知らない学生さんも多いことと思います。しかし、みなさんが日頃使っている液晶テレビやパソコン、携帯電話などの材料を製造する上で欠かせないガスやガス設備を提供しているのが当社なのです。それ以外にも、鉄鋼業界や医療業界など、他業種にわたり大陽日酸のガスが使用されています。つまり、あらゆる産業を支える国内トップの産業ガスメーカーなのです。
今後、大陽日酸が世界に視野を広げ、世界メジャーになるには、組織力の強化が必要だと思っています。そのためには、リーダーシップ、仕事へのモチベーションを高めるようないい意味でのライバル心、そして前向きさを社員一人ひとりが持つことが大切です。

My History

1980

神奈川県に生まれる。幼少期から高校1年まで厚木市で育ち、中学ではテニス部に所属。毎日、部活動に明け暮れた。

生後3~4ヶ月頃
小学校5年生の運動会。(左端)
1996

高校に進学後は、バトミントン部に所属。初めてアルバイトを経験したのも、この頃だった。ちなみに、バイト先はファミリーレストランの洗い場だった。

1999

高校2年ときの化学の先生の話が興味深く、実験も楽しかったことから大学は工学部応用化学科に進学。大学時代は、アルバイトやサークル活動で視野を広げ、組織で動くことの重要さをなんとなく意識するようになる。

2003

大学の講義で、大気環境分析に興味を持ち、大学院進学。屋外で大気観測をしたのが印象に残っている。

大学入学式にて
2004

年明けから本格的に就職活動を開始。化学メーカーや食品メーカー、自動車メーカーなど、広い業種を回ったが、就職難という背景もあり、就職活動は思った以上に厳しいものだった。が、5月に大陽日酸から内定をいただく。人事部の人たちから感じた、社員を応援する姿勢に魅力を感じて入社を決意した。

2005

大陽日酸に入社、電子機材事業本部技術統括部技術センター エンジニアリング部システムエンジ課に配属される。比較的年齢の近い先輩も多く、活気がある職場には、すぐ溶け込むことができた。

2007

11月に結婚。この年はアメリカでの業務も経験し、とても充実した一年となる。

出張先のアメリカ・オレゴン州の郊外にて(左から2番目)
2008

入社4年目になり、仕事に対して自分の考えを持ち、行動するよう心掛けている。時には頼られることもあり、責任感も次第に備わってきていると感じている。

Episode

無理をした結果……

新入社員研修で、自衛隊に行きました。ところが、研修前日に高熱が。人事からは無理をするなと止められたのにもかかわらず、一生に一度の経験だと思い、薬を飲んで研修に参加したのです。しかし、やはり途中で体調を崩してしまい、医務室に運ばれることになってしまったのでした。結局、自分勝手な判断から人事や自衛隊の人、そして、一緒に研修に参加していた同期たちに迷惑をかけることになりました。このとき、組織として一人欠けることの大変さ、組織として団結することの大切さを学んだような気がします。また、このとき心配し、復帰後、温かく迎え入れてくれた同期たちとは、今でも最高の仲間であり、ライバルとして、いつも私を支えてくれています。