研究・開発/知的財産活動/特許紹介

現地組み立て式低温液化ガス貯槽 -プラント・エンジニアリング分野

大型化と現地工事期間短縮を両立(登録特許第4909751号)

低温液化ガス貯槽は、断熱性を確保するために低温液化ガスを貯留する内槽とそれを囲む外槽との二重構造を持ち、工場内で製作した完成品が輸送され、現地で設置されます。近年貯槽の大型化のニーズが高まっていますが、公道での重量制限のためその大型化には限界がありました。一方、現地で貯槽を製作した場合には長い工事期間が必要でした。

本発明では、貯槽を分割形成し、現地で組み立てることにより、輸送上の重量制限を解決し、現地工事期間の短縮を可能としました。

特長

  • 貯槽を別々に輸送してから現地で組み立てるので、公道での重量制限による制約をクリアすることができ、従来より大型の貯槽を製作することができます。
  • 大型の貯槽を最短の現地工事期間で設置することができます。

知的財産活動に関するお問い合わせ