研究・開発/知的財産活動/特許紹介

高温超電導機器の冷却装置及びその運転方法 -産業ガス分野

加熱装置を用いることなく、過冷状態のネオンガスを昇温(特許第5705375号)

本特許は、冷媒として液体窒素を循環させて高温超電導機器を冷却する際、加熱装置を用いることなく液体窒素が凝固することを防ぐ技術に関するものです。

従来、液体窒素を循環させて高温超電導機器を冷却する際、副熱交換器内において液体窒素を冷却するネオンガスが過冷となっていました。これにより、液体窒素が凝固点63K(-210℃)よりも冷やされることで、副熱交換器内で凝固し、液体窒素流路が閉塞する問題が発生していました。
本特許の冷却装置および冷却方法は、副熱交換器において液体窒素と熱交換して昇温したネオンガスを副熱交換器の低温側に戻し、過冷状態のネオンガスを昇温することで、液体窒素の凝固を防止できます。これにより、高温超電導機器を長期間連続して冷却することができます。

特長

  • ヒーターなど加熱装置を用いることなく、過冷状態であるネオンガスを昇温することができ、液体窒素の凝固を防止することができます。
  • 長期間連続して冷却することができます。

対象商品

  • 高温超電導機器用冷却システム

知的財産活動に関するお問い合わせ