研究・開発/知的財産活動/特許紹介

液化ガス容器の加熱方法 -エレクトロニクス分野

ガスの大量供給時に、容器表面の過度の温度上昇を防ぐことが可能。(特許第6013540号)

本特許は、液化ガス容器を加熱し、液化ガス容器からガスを大量に供給する技術に関するものです。

液化ガス容器の表面を加熱する場合、内側が気体の領域と液体の領域とでは熱の伝わりが大きく異なります。内側が気体の領域では、気体に熱が伝わりにくいため、この領域の容器表面に熱が溜まりやすく、過度の温度上昇となる懸念がありました。
そこで、液化ガス容器の表面を分割し、それぞれの領域を加熱制御することで、液化ガス容器表面の過度の温度上昇を防ぐことができます。

2領域分割加熱時
3領域分割加熱時

特長

  • 効率良く液化ガス容器の加熱が可能です。
  • 液化ガス容器の過度の温度上昇を防ぐことができます。
  • 安全にガスを大量供給できます。

対象商品

  • シリンダーキャビネット
  • バルクガス供給システム

知的財産活動に関するお問い合わせ