研究・開発/知的財産活動/特許紹介

液化ガス容器の加熱装置 -エレクトロニクス分野

容器の加温で液化ガスの長時間大量供給を実現(登録特許第4908832号)

本特許は、太陽電池や半導体の原料であるアンモニア等の液化ガスを、横置き型液化ガス容器から大量に供給するシステムに関するものです。特に、気化潜熱による液温低下のために容器内圧力が低下して供給不能状態に陥ることを防ぐ、容器の加温装置に関する技術です。

本特許装置は、配管を並行に並べ連結して配管束とし、この巻き簾状の配管束の両側を架台に吊り下げ、配管内に温水を流すことにより容器内の液化ガスを加温するものです。吊り下げられた配管束上に円筒形状の液化ガス容器を載せると、容器の重みによって容器外面に配管束がフィットし、容器との高い接触性が確保されます。

特長

  • 一般高圧ガス保安規則第60条第1項第3号に適合した供給方法です。
  • 配管束の内部を流れる温水と液化ガス容器との熱交換効率が極めて高いものとなるため、長時間にわたって液化ガスを供給することができます。
  • 液化ガス容器の交換作業が簡単なため、作業コスト低減が可能です。
  • 温水の熱が効率良く液化ガス容器に伝わるため、エネルギーロスが少なく、環境負荷軽減に貢献します。

知的財産活動に関するお問い合わせ