研究・開発/知的財産活動/特許紹介

低温液化ガスポンプ-プラント -プラント・エンジニアリング分野

低温液化ガスポンプの各構成部材の軸芯を容易に揃える(登録特許第5421826号)

本特許は、低温液化ガスを昇圧したり、また圧送したりするための低温液化ガスポンプの組み立て技術についてです。

低温液化ガスポンプは、-160~-196℃の低温液化ガスの送液時において、①主軸、②転がり軸受、③軸受ホルダ、④ポンプケーシング、およびポンプケーシングのホルダ装着部(空間)の各軸線は、同一直線上にあることが求められます。しかしながら、組み立ては常温下で行われるため、各部材の熱膨張係数が異なると、熱収縮吸収用の空間を設ける必要があり、軸芯を揃える組み立てが困難でした。

本技術では、ポンプケーシングのホルダ装着部と軸受ホルダとにピン穴を設け、複数の調芯ピンで位置決めすることができるので、メンテンス時も各構成部材の軸芯を容易に揃えることができます。

また、熱収縮吸収用の空間により低温液化ガスで潤滑される②転がり軸受の拘束を防止できます。

特長

  • 複数の調整ピンで、位置決めすることで、部材に空間があるポンプも容易に軸芯を揃えることができます。
  • 熱収縮防止空間により低温液化ガス中で転がり軸受を安定して使用できます。
  • マグネットカップリングを使用しプロセスガス・リークゼロ(ノンリーク)を実現しました。

対象商品

  • マグネットカップリング式液化ガスポンプHM15L-7M(ノンリーク)

知的財産活動に関するお問い合わせ