株主・投資家の皆様へ/ディスクロージャー方針

ディスクロージャー方針

当社は持続的な成長と中長期的な企業価値向上を実現させるため、株主・投資家の皆様と積極的な対話を行うとともに、経営・財務状況など正確な情報を公平に適時に説明・開示しIR活動の充実に努めます。


1.情報開示の方針

当社は、株主・投資家の皆様の投資判断に影響を与える決定事実、発生事実、決算情報等の重要な情報の開示について、東京証券取引所が有価証券上場規程等において定める基準(以下「適時開示基準」と言います)及び金融商品取引法第二十七条の三十六(以下「フェア・ディスクロージャー・ルール」と言います)に則り、情報開示を行います。また、適時開示基準及びフェア・ディスクロージャー・ルールに該当しない情報であっても、当社グループの企業価値に大きく影響を及ぼすと判断される情報並びにステークホルダーとのコミュニケーションを深めるために必要と判断される情報等については、積極的な情報開示に努めます。


2.情報開示の方法

適時開示基準に該当する情報については、東京証券取引所が提供する「TDnet(適時開示情報伝達システム)」等を通じて公表するとともに、公表後速やかにプレスリリースの配布及び当社ホームページでの掲載を行います。また、適時開示基準に該当しない情報についても、適時、適切な方法により開示します。


3.経営トップの役割について

株主・投資家との対話の機会である、株主総会、半期ごとの決算説明会及び定期的に開催するスモールミーティングでは、社長 CEOや執行役員が当社の業績や経営戦略について説明し、質疑応答を行います。


4.IR担当部門の役割、対話の手段充実に関する取組み

IR活動全般については、IR担当部署が社内関係部署と連携を取り窓口として対応しています。具体的にはアナリスト・機関投資家との個別面談や、事業所見学会などのIRイベントの実施、証券会社主催のカンファレンスへの参加、ホームページ、統合報告書等で最新情報を発信するなど、当社の財務情報及び非財務情報の積極的な開示に努めています。なお、取締役(社外取締役を含む)への対話の要請については、面談の目的及び内容の重要性等を考慮し個別に対応を検討します。


5.経営陣へのフィードバックについて

IR担当部署は、IR活動全般を通して得た、株主・投資家からの意見及び課題について、必要に応じて経営陣及び社内関係部署にフィードバックし、経営改善に役立てます。


6.インサイダー情報の管理について

株主・投資家との対話に際しては、社内規程に則りインサイダー情報を適切に管理します。


2015年10月15日制定
2018年10月11日改定