CSR情報CSR
  1. HOME
  2. CSR情報
  3. 社会活動-非財務データ

非財務データ

大陽日酸グループの非財務データ(環境性データ、社会性データ、ガバナンス関連データ、知的財産・研究開発関連データ)を下記にまとめています。

非財務データ集(2019年3月期)(309KB)

環境性データ

温室効果ガス(GHG) 関連

  • □ GHG Scope 1 : 事業者が所有または管理する排出源から発生する温室効果ガスの直接排出
  • □ GHG Scope 2 : 電気、蒸気、熱の使用に伴う温室効果ガスの間接排出
  • □ GHG Scope 3 : Scope2を除くその他の間接排出

集計範囲は当社、国内の直接の連結子会社及び海外の主要な連結子会社
国内の排出量は地球温暖化対策推進法の排出係数を用いて算定しています。海外の排出量は、Scoop1排出量に関しては地球温暖化対策推進法を用いて、Scoop2排出量に関しはIEA公表の国別排出係数(2016年値)を使用して算定しています。
なお、下表では非表示としておりますが、GHG Scope3 カテゴリ1. 2. 3. 4. 6. 7. 11. 15.を計上しております。

(3月期)

(単位:千t-CO2) 2017年 2018年 2019年
GHG Scope 1 9 19 14
GHG Scope 2 3,363 3,838 4,056
GHG Scope 3 - 3,671 3,634

当社製品を通じた環境貢献

集計範囲は当社及び国内の直接の連結子会社
「温室効果ガス削減貢献定量化ガイドライン(経済産業省2018年3月発行)」等に基づいて算定しました。
水素ステーション、SCOPE-Jet®、エムジーシールド®、SF6回収サービス、サーモス製品の拡販など

(3月期)

(単位:千t-CO2) 2017年 2018年 2019年
二酸化炭素削減貢献量 - 1,734 1,779

エネルギー使用量

集計範囲は当社、国内の直接の連結子会社及び海外の主要な連結子会社
ただし、2017年3月期は燃料及び熱については当社及び国内の直接の連結子会社
燃料の単位発熱量は省エネルギー法の値を使用して算定しています。

(3月期)

(単位:千GJ) 2017年 2018年 2019年
エネルギー使用量 62,516 67,613 72,014
電力 62,117 66,875 70,890
燃料 189 398 418
210 340 706

環境影響

集計範囲は当社及び国内の直接の連結子会社

(3月期)

(単位:t) 2017年 2018年 2019年
NOx 排出量 3
SOx 排出量 1
ばいじん 排出量 1
VOC 排出量 13 14 10
COD排出量 10
排水中の全窒素排出量 11
総りん排出量 1
PRTR法対象物質排出量 35 29 29

取水量(海水含まず)

集計範囲は当社及び国内の連結子会社のガス生産工場、並びに海外の主要な連結子会社

(3月期)

(単位:千㎥) 2017年 2018年 2019年
取水量 10,145 10,921 13,623

廃棄物

集計範囲は当社及び国内の直接の連結子会社

(3月期)

(単位:t) 2017年 2018年 2019年
廃棄物発生量 2,917 2,910 3,023
廃棄物最終処分量(埋立処分量) 385 379 362
有害廃棄物排出量 149 240 156
       

環境会計

集計範囲は当社及び国内の連結子会社4社(ジャパンファインプロダクツ、大陽日酸エンジニアリング、日酸運輸、サーモス)

(3月期)

(単位:百万円) 2017年 2018年 2019年
環境保全コスト      
投資額 5,323 11,740 9,655
費用額 807 732 844
環境保全対策に伴う経済効果 14 1,375 15

社会性データ

従業員(連結)

(3月期)

(単位:人) 2017年 2018年 2019年
従業員数(連結) 15,860 16,746 19,229
国内 5,827 6,172 6,461
海外 10,033 10,574 12,768

従業員(大陽日酸籍)

(3月期)

(単位:人) 2017年 2018年 2019年
従業員数(大陽日酸籍) 1,890 1,940 1,983
海外勤務従業員数 70 79 76
海外勤務従業員比率(単位:%) 3.7% 4.1% 3.8%
男女別従業員数      
男性 1,716 1,746 1,758
女性 174 194 225
世代別従業員数      
20代以下 312 330 355
30代 358 379 393
40代 721 664 631
50代以上 499 567 604
勤続年数(単位:年) 18.7 18.5 18.1
男性 18.9 18.8 18.6
女性 17.0 15.5 14.4
平均年齢(単位:歳) 42.8 43.5 42.6
採用人数 70 90 108
離職者数[含む定年退職者] 42 44 55
労働組合加入者数[※大陽日酸労働組合はユニオンショップ制です] 995 1,048 1,106
労働組合加入率(単位:%) 52.6% 54.0% 55.8%
レイオフ数 0 0 0

ダイバーシティ(大陽日酸籍)

(3月期)

  2017年 2018年 2019年
女性比率(単位:%) 9.2% 10.0% 11.3%
女性管理職比率(単位:%) 1.2% 1.5% 1.4%
障がい者雇用率(単位:%) 2.0% 2.0% 2.2%
定年後再雇用数(単位:人) 46 51 57

ワーク・ライフ・バランス(大陽日酸籍)

(3月期)

(単位:人) 2017年 2018年 2019年
育児休業取得者数 9 7 7
男性 2 0 2
女性 7 7 5
介護休暇・休業取得者数 0 0 0
有給休暇取得率(単位:%) 56.7% 60.0% 61.3%

その他(大陽日酸籍)

(3月期)

  2017年 2018年 2019年
ボランティア休暇取得者数(単位:人) 2 0 4
社会貢献活動支出額(単位:千円) 49,021 57,623 40,396
従業員満足度(満点:5)[※自主的な調査に基づいて集計しています] 3.79 4.00 3.74

労働安全衛生

集計範囲は当社及び国内・海外の連結子会社のうち主要生産部門(2019年3月期海外データには欧州の2019年1~3月のデータを含む)

(3月期)

  2017年 2018年 2019年
休業度数率(労働時間100万時間あたりの休業労災の発生人数)      
国内 0.71 0.45 0.71
海外 4.09 4.15 3.20

ガバナンス関連データ

経営体制

(3月期)

  2017年 2018年 2019年
取締役数(単位:人) 10 7 6
社内(単位:人) 8 5 4
独立社外(単位:人) 2 2 2
取締役兼務執行役員数(単位:人) 5 2 3
取締役兼務執行役員比率(単位:%) 50.0% 28.6% 50.0%
独立社外取締役比率(単位:%) 20.0% 28.6% 33.3%
女性取締役比率(単位:%) 0.0% 0.0% 0.0%
取締役任期(単位:年) 1 1 1
取締役会 開催回数(単位:回) 13 11 15
取締役会 出席率(単位:%) 97.7% 98.9% 97.8%
独立取締役 出席率(単位:%) 100.0% 95.5% 96.7%
取締役会出席率75%以下取締役数(単位:人) 0 0 0
監査役数(単位:人) 4 4 4
社内(単位:人) 1 1 1
独立社外(単位:人) 3 3 3
独立社外監査役比率(単位:%) 75.0% 75.0% 75.0%
女性監査役比率(単位:%) 0.0% 0.0% 0.0%
監査役会 開催回数(単位:回) 17 13 18
監査役会 出席率(単位:%) 100.0% 100.0% 100.0%
独立監査役 出席率(単位:%) 100.0% 100.0% 100.0%
監査役会出席率75%以下監査役数(単位:人) 0 0 0
役員の平均年齢(単位:歳) 66.6 67.1 65.5
執行役員数(単位:人) 28 25 23
女性執行役員比率(単位:%) 0.0% 0.0% 0.0%

各委員会の活動実績

(3月期)

  2017年 2018年 2019年
指名・報酬諮問委員会 委員数(単位:人) 4 3 3
社内(単位:人) 2 1 1
独立社外(単位:人) 2 2 2
指名・報酬諮問委員会 開催回数(単位:回) 2 6 8
指名・報酬諮問委員会 出席率(単位:%) 100.0% 100.0% 100.0%
経営会議 開催回数(単位:回) 12 16 21
経営会議 出席率(単位:%) 98.3% 99.6% 99.1%
KAITEKI推進委員会 開催回数(単位:回) 2 2 2
KAITEKI推進委員会 出席率(単位:%) 100.0% 100.0% 100.0%
技術開発戦略委員会 開催回数(単位:回) 2 2 2
技術開発戦略委員会 出席率(単位:%) 100.0% 100.0% 100.0%
投資委員会 開催回数(単位:回) 1 2 2
投資委員会 出席率(単位:%) 100.0% 100.0% 97.3%
コンプライアンス委員会 委員数(単位:人) 33 33 33
コンプライアンス委員会 開催回数(単位:回) 2 2 2
コンプライアンス委員会 出席率(単位:%) 100.0% 100.0% 100.0%
グローバル・コンプライアンスコミッティ 委員数(単位:人) 14 20
グローバル・コンプライアンスコミッティ 開催回数(単位:回) 1 1
グローバル・コンプライアンスコミッティ 出席率(単位:%) 100.0% 100.0%
リスクアセスメント委員会 委員数(単位:人) 15 18 21
リスクアセスメント委員会 開催回数(単位:回) 1 1 1
リスクアセスメント委員会 出席率(単位:%) 100.0% 100.0% 100.0%
技術リスクマネジメント委員会 委員数(単位:人) 18  19  19 
技術リスクマネジメント委員会 開催回数(単位:回)
技術リスクマネジメント委員会 出席率(単位:%) 100.0% 97.6% 100.0%

役員報酬

(3月期)

(単位:百万円) 2017年 2018年 2019年
取締役報酬(社外取締役を除く) 計 455 331 249
基本報酬* 455 331 151
業績連動報酬 - - 97
監査役報酬(社外監査役を除く) 計 25 25 25
基本報酬 25 25 25
社外役員報酬 計 103 102 102
基本報酬 103 102 102
会計監査人への報酬 計 160 162 212
監査費 157 161 209
非監査費 3 1 3

*2017年3月期及び2018年3月期の取締役報酬に含まれる基本報酬には、その内数に業績連動報酬が含まれています。

その他

(3月期)

  2017年 2018年 2019年
買収防衛策
倫理規範
税の透明性の方針 (内規) (内規) (内規)
大陽日酸グループ 行動規範、行動規範ガイドブック
(腐敗防止、贈収賄防止、利益相反取引防止、営業秘密漏洩防止 等)
(内規) (内規) (内規)
政治献金額(単位:円) 0 0 0
腐敗防止違反件数(単位:件) 0 0 0
腐敗防止違反罰金額(単位:円) 0 0 0

知的財産・研究開発関連データ

知的財産

12月末日現在の大陽日酸株式会社単体の登録特許保有件数

(3月期)

(単位:件) 2017年 2018年 2019年
特許保有件数 1,029 1,094 1,147
国内 701 738 774
海外 328 356 373

研究開発

(3月期)

(単位:百万円) 2017年 2018年 2019年
研究開発費 3,323 3,255 3,494
国内ガス事業 2,660 2,612 2,846
米国ガス事業 600 593 614
サーモス事業 62 48 34