医療・安定同位体(SI)/バイオ機器の開発・販売

最先端の研究や医療の技術発展に大陽日酸は貢献しています。

大陽日酸が製造・販売する液体窒素凍結保存容器は、研究や医療その他の分野で幅広くお使いいただいています。また、液体窒素凍結保存システムやクライオライブラリーなど、お客様のニーズに合わせたシステムや機器も提供しています。

液体窒素凍結保存容器

各研究機関や医療機関では、様々な試料が保存されています。大陽日酸はその貴重な試料を長期間安定的に保存が可能な液体窒素凍結保存容器(LN2凍結保存容器)を供給し、研究や医療の技術発展のために努めています。

液体窒素凍結保存システム

複数台の液体窒素凍結保存容器(LN2凍結保存容器)を1箇所に集中させ、管理するシステムで、液体窒素の安定供給と研究室の管理負担の低減を同時に実現します。また、予冷制御システムを組込むことにより、液体窒素のランニングコストも大幅に低減できます。

試料自動入出庫機能付凍結保存装置
クライオライブラリー

細胞を利用した医療分野の研究では、細胞の取り違え等を防止するため、徹底した試料管理が必要です。大陽日酸では、従来のバーコード管理に加え、試料の自動入出庫管理機能を付加し、確実性と安全性を高めた新しい装置を開発しました。

医療・研究関係者のためにさらに詳しい情報をご提供しています。ご利用ください。