LPガス/LPガスの利用分野

家庭業務用 43.1%/工業用 22.0%/自動車用 8.4%/都市ガス用 4.9%/化学原料用 19.7%/電力用 1.9% - 出展:日本LPガス協会

全国の世帯の約半分に当たる約2,500万世帯で、家庭用LPガスが使用されています。またタクシーの燃料として使われているほか、都市ガス用、産業用など、幅広い分野で利用されています。

業務用

LPガスは、飲食店や旅館、病院や学校などの大規模な業務用施設において重要なエネルギー源として幅広く利用されており、その需要量は年間約250万トンにのぼっています。用途としては、厨房用、給湯用の他に、GHP(ガスヒートポンプ)を利用した空調用にも使われています。

レストランの厨房

温泉施設の源泉加熱ボイラー
(石油化学新聞社からの提供)

コインランドリー
(石油化学新聞社からの提供)

産業用

クリーンで高カロリーのLPガスは、食品加工用、塗装乾燥用、樹脂加工用、窯業用などの工業用の熱源や、レストランなどの厨房機器の燃料あるいは空調用として、また、農水産業用では果物や花などのハウス栽培の加温や炭酸ガス供給、茶葉の乾燥用、養豚の暖房用、昆布やわかめの乾燥などに使用されています。さらに横断歩道用などの表示の焼付け用や建築現場での鋼材の溶接・切断など、さまざまな所で利用されています。

食品加工

酒の分析

食品加工

窯業(乾燥用)

金属の焼成

家電部品加熱装置

脱臭炉(VOC処理装置)
産業排気ガスに含まれる
有害な揮発性有機化合物を除去