研究開発

「ガスの持つ様々な個性を引き出す技術を持っていること」「その技術を使ってお客様のお役にたてること」私たちは、「ガスアプリケーション」という考え方で産業界の発展に寄与します。

ガスアプリケーションを可能にする技術力

大陽日酸は、長年培った豊富な経験をもとに、ガスの持つ様々な特性を活かすための、4つの基盤技術を有しています。

  1. 1)低温技術
  2. 2)真空技術
  3. 3)高圧技術
  4. 4)ガスコントロール技術

ガスアプセンター

大陽日酸は、新しい産業ガス利用技術を商品化するための一大拠点としてガスアプセンターを設立しました。お客様のニーズに合わせた技術開発とお客様に直結した事業が行えるように、一貫した体制を整えています。

運営目的

  1. 充実した環境の下での研究開発の促進
  2. 技術の蓄積・伝承・人材育成
  3. デモンストレーションやテスト対応力の向上
  4. お客様、社員等への教育・研修

技術分野

新規技術の開拓、既存技術の改良・改善のために、分野別に研究・開発を行っています。

冷熱利用分野

熱処理分野

金属材料の焼鈍・浸炭・窒化・ロウ付けなどの雰囲気最適化、各種機能性材料の熱処理雰囲気最適化、マグネシウムの防燃ガス

溶接・切断分野

各種アーク溶接用シールドガス、各種熱切断用燃料ガス・アシストガス

ガスアプセンター

  • 所在地:〒408-0015 山梨県北杜市高根町下黒沢3054-3
  • TEL:0551-42-4641