産業ガス/水素ステーション

大陽日酸は、燃料電池の水素供給システム、
水素ステーションを実用化しています。

当社のパッケージ型水素ステーションは、水素ステーションを構成する4つの主要機器であるディスペンサー、プレクール装置、水素圧縮機、水素蓄圧器を一体型ユニットにして、製作コストの低減ならびに現地設置工事費の大幅な削減を達成しました。
このパッケージ型水素ステーションの大きさは、長さ約7m×幅約2m×高さ約2.6mで、水素供給能力は最大300Nm3/hであり、充填速度5㎏/3minで70MPa仕様のFCVに連続3台の充填が可能です。またオンサイト式、オフサイト式、移動式の全てに対応できる共通設計としています。
パッケージ型水素ステーションは従来型に比べてコンパクトであり、ガソリンスタンド併設や狭い敷地への設置の可能性が広がり、さらに移動式としても利用できるため、東京23区を始めとした大都市圏でのFCVへの水素充填に有効であると考えられています。

千住水素ステーション

仕様

  • 充填方式:
    バンク切替による差圧充填方式
  • 充填圧力:
    35MPa/70MPa
  • 原料ガス:
    都市ガス改質
  • 圧縮機:
    吐出量 50Nm3/h
  • 蓄圧器:

    内容積:300L×20本(41MPa)

    内容積:100L×8本 (82MPa)

霞ヶ関水素ステーション

仕様

  • 充填方式:
    バンク切替による差圧充填方式
  • 充填圧力:
    35MPa/70MPa
  • 原料ガス:
    水素ステーションで製造した水素
    もしくはオフサイト水素(水素カードル)
  • 圧縮機:
    吐出量 29Nm3/h
  • 蓄圧器:

    内容積:205L×4本(35MPa)

    内容積:36L×3本 (70MPa)

    内容積:100L×3本 (83MPa)

経済産業省の敷地内にて平日午前のみ公用車に充填(1〜2台/日)

成田水素ステーション

仕様

  • 充填方式:
    バンク切替による差圧充填方式
  • 充填圧力:
    35MPa
  • 原料ガス:
    圧縮水素ガス(水素カードル)
  • 圧縮機:
    吐出量 50Nm3/h
  • 蓄圧器:
    内容積:300L×10本(40MPa)