産業ガス/超低NOx酸素富化システム「Innova-Jet」

超低NOx酸素富化燃焼バーナシステム「Innova-Jet」は、加熱炉、焼成炉など、排ガスのNOx排出規制が厳しく、従来の酸素富化燃焼では対応できなかった高温分野のアプリケーションにおいても、特別な排ガス処理設備を準備することなく適用が可能な、省エネルギーと炭酸ガス排出削減に貢献する酸素利用技術です。

Innova-Jetシステムフロー

バーナ運転パターン

酸素富化燃焼とは

支燃性ガス中の酸素濃度と断熱理論火炎温度

空気に純酸素を添加し、空気中の酸素濃度を21%以上にした支燃性ガスを用いて燃焼効率を高める酸素富化燃焼は、空気燃焼と比べて高い火炎温度が得られるとともに、支燃性ガス中の窒素分を低減する事が出来るため、排ガスとして持ち去られるエネルギーを低減することができます。そのため、省エネルギーおよび炭酸ガス排出削減に貢献する技術として、高温の加熱炉や溶解炉等、各種燃焼アプリケーションへの応用が検討されています。

Innova-Jetの低NOx技術

Innova-JetにおけるNOx低減効果

「Innova-Jet」は、支燃性ガス中の酸素濃度が低い状態では、燃料が燃焼出来るだけの充分な支燃性ガス(空気)を送り込み、燃料が完全に燃焼出来る状態を作り出します。一方、支燃性ガス中の酸素濃度が高い状態では、燃焼火炎の温度が高くなるので、NOxの発生を抑制するために、燃料を酸素不足の状態にします。

「Innova-Jet」では、酸素と空気の流量を調節して二つの状態を交互に切換る事で、従来の酸素富化燃焼と比べて大幅なNOx排出量の低減を可能にしています。

Innova-JetにおけるNOx低減のコンセプト

Innova-Jetによる均一加熱

Innova-Jetにおける均一加熱効果

「Innova-Jet」は強制振動燃焼(酸化剤である空気と酸素の供給量を周期的に変化させる)によって炉内の燃焼ガスが攪拌されるため、炉内温度が均一化されるとともに伝熱効率が向上し、効率的な加熱・溶解を実現する事が可能です。

お問い合わせ